【鶴見区】2019年保存版!月に1度しか販売されない、レアなお菓子。鶴見堂の「くるみ餅」年間販売スケジュール&リポート!

2019/01/23 06時00分

みなさんは鶴見区に、伝統的なお菓子があることを、ご存知でしょうか?その名は「くるみ餅」
クルミが入っているのではなく、「くるむ」ことから名付けられたそうです!

かつて農業地帯だった鶴見区。田畑の畦で、大豆を栽培していたんだそうです。
その大豆をすりつぶし、作ったあんこで餅をくるみ、鶴見神社の秋祭りに合わせて、準備していたそうなんです。

しかし、農地が、工場や住宅に変わっていき、伝統を守る農家が減少…。
今では「鶴見堂」が、その味を守っていらっしゃいます。
こちらが、鶴見堂さんです!たくさんの和菓子が並んでいます♪
さてさて、くるみ餅はどこかな~?
見本の空箱が、店先に並んでいました!店主にサイズを伝えると、中から持って来てくださいました♪
早速持ち帰り…
じゃじゃーーーん!こちらが鶴見名物「くるみ餅」です!
見た目は白あんのようにも見えますが…、これが大豆で作った餡なんですね~!美味しそ~う♪
お餅が、繋がっていると思いきや、餡の下では一口大のサイズになっています。
こんな感じで、取り分けることができました!優しい色味ですよね~♪
恒例のアップ写真どうぞ!
つやつやで美しい!!早速いただきまーす♪

お味は…。食べてびっくり!なんという優しい甘味!もっと、甘い餡を想像していたので、あまりの優しさに笑みがこぼれます♪
そして、お餅が柔らかい!これは、ぺろっと1パック食べてしまいそうです…♪
東北地方に、枝豆を餡にした「ずんだ餅」ってありますよね?あれの大豆バージョンっていう感じです!
実はこのくるみ餅、鶴見神社の夏祭りと、秋祭りのみの販売だったそうで…。
こんなに美味しいお菓子、もっと食べたい!!と、お客さんの要望で、毎月第1土曜だけ、販売されるようになったんです。
だから月に1度しか購入できない、レアなお菓子なんです!

じゃあ次の販売日いつなの!?そんな方の為に、2019年の販売スケジュールを♪
みなさんもぜひ!鶴見伝統のお菓子「くるみ餅」味わってくださいね~♪
熱いお茶に、くるみ餅を食べながら、むか~しむかしの、鶴見区の風景なんかを、思い浮かべてみてはいかがでしょうか?

鶴見堂はこのあたり↓↓

 

(はっぴい)

ジモネタ鶴見・城東

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

ページの上へ