【鶴見区・城東区】台風21号の被害で、災害見舞金や被災証明書の申請が出来る!?

2018/09/25 06時00分

大変強い勢力で、鶴見区・城東区でも大きな被害が出た、台風21号ですが、住家の被害の程度によっては、災害見舞金の支給各種市税の減免・納税の猶予などの措置が受けられるそうです。

大阪市HPによると、「大阪市では、大阪市小災害対策基本要領に則り、台風21号により住家に全壊または半壊相当の被害を受けられた世帯等に災害見舞金の支給を実施します。」と書いてありました。
支給対象は、住家の全壊相当の被害を受けた世帯、1世帯につき100,000円。住家の半壊相当の被害を受けた世帯、1世帯につき50,000円。自然災害により死亡した者、1人につき100,000円だそうです。詳細は大阪市HPに、書いてありましたので、申請したい方は、該当するか確認してみて下さい!


そして、被災証明書申請も受け付けているようです。被災証明書とは、災害対策基本法第90条の2に規定されている、災害による、被害の程度を証明する罹災証明書のことで、自然災害で、被害を受けた、住家を所有する被災者からの申請に基づき、住家の被害認定調査を実施し、調査結果に応じた、被災証明書を交付するものだそうです。被害の程度は「全壊」「大規模半壊」「半壊」「一部損壊」に分類されますが、調査の結果「被害なし」となる場合が、あるそうです。
では、被災証明書で、一体どんな措置が、受けられるのでしょうか?
大阪市HPでは被災証明書が必要な主な施策事業に以下の一覧がありました。

国民健康保険料の減免・徴収猶予・延滞金減免

国民健康保険一部負担金の減免・徴収猶予

後期高齢者医療保険料の・延滞金減免・徴収猶予

後期高齢者医療一部負担金の減免・徴収猶予

介護保険料の減免・徴収猶予・延滞金減免

国民年金保険料の免除

各種市税の減免・納税の猶予

保育料の減免 など

申請方法や、必要なもの、被災状況によっては、上記措置を受けられないこともあるようなので、気になる方は、大阪市HPを、確認してみて下さいね!

それに、今回の台風21号にかかる住宅の被害に対して、「大阪版被災住宅無利子融資制度」を申請することも出来るそうですね~。融資の申請をしたい方は、大阪府のHPで、ご確認下さい!

台風21号により、被災された方が、これらの制度も活用しつつ、一日も早く日常生活を取り戻せるといいですね…。

鶴見区役所はこちら↓↓

城東区役所はこちら↓↓

 
ジモネタ鶴見・城東

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

ページの上へ