【大阪市鶴見区】公園内をラクラク散策♪花博記念公園 鶴見緑地で、立ち乗りタイプの最新モビリティの貸し出しが始まりました!

つるモビステーション

《プレスリリースより》

2021年10月30日(土)より貸し出しが開始されました!

歩行による移動をサポートする最新のモビリティが全国初導入!

約122.5haの広大な敷地(東京ドーム約26個分!)を誇る鶴見緑地を多くの方々、特に移動に困り事がある方々に散策を楽しんでもらいたいというもの。

20台を導入し、当面の間、乗車希望の方は無料で利用できますよ。

貸し出し場所は、『つるモビステーション』という咲くやこの花館入口前の青い屋根の建物。

以前は、園芸店「フラワーハウスつるみ」があった場所になります。

つるモビ

乗車できるのは、小学校4年生以上(身長140cm以上、体重100kg以下)で、本人確認のため免許証・保険証の確認が必須です。

※18歳未満は保護者同意・同伴が必要(保護者の方の本人確認が必須)

初回は15分程度のトレーニングが必要です。

 

ご利用には、会員登録と予約が必要になりますので、ご興味ある方は公式サイトのご利用案内をご確認ください。

つるモビ2

導入されるのは、トヨタ自動車株式会社が10月1日より販売を開始した3輪BEV(電気自動車)「C+walk T(シーウォーク)」という、立ち乗りタイプの最新モビリティ。

C+walk T

《プレスリリースより》

商品ホームページ(トヨタ自動車)

今後、現在開発中の歩行領域EV「座り乗りタイプ」と「車いす連結タイプ」も導入予定だそうです。

広い公園内、行ったことのないエリアを散策すると新しくお気に入りの場所ができたり、発見がたくさんありそうですね。

お出かけの際は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

花博記念公園鶴見緑地

つるモビステーション(花博記念公園 鶴見緑地内)

・プレスリリース

2021/10/31 07:13 2021/10/31 12:03
シエスタ
ジモネタ鶴見・城東

地域ニュースサイト号外NETの昭和な記事を集めました:昭和レトロのナウいニュース

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集