【城東区】自家製オーガニックグラノーラ専門店〈グラファミ〉に行って来ました♪

2018/10/07 06時00分

みなさんはグラノーラってご存知ですか?ミルクや豆乳をかけて食べたり、ヨーグルトやアイスクリームのトッピングなどに使われる、ほんのり甘い、サクサクとしたアレです♪ 最近では、ブラジルのスーパーフードと言われる、アサイーを使って、アサイーボウルも大人気ですね!そのグラノーラに、とことんこだわる専門店、グランダファミリオが、中崎町に続き、2号店をこの夏、関目にオープンされたのです!! こだわりのグラノーラを食べに行って来ましたよ~♪
お店の外観は、木を使ったナチュラルな雰囲気です。窓辺にグラノーラが並んでいて、かわいいですよね!
店内は、グラノーラが焼ける、甘くて香ばしい、良い香りでいっぱいでした~♪ 黒板に手書きメニューもかわいいですね!
こちらがメニューです。アサイーボウルの説明に「人気の秘密は何も足さないこと。そして大切に育てられたフルーツたち。シンプルだからこそ身体が心が喜ぶ アサイーボウルをどうぞお試し下さい。」と書かれています。それに、オーガニックジュースやオーガニック紅茶、フェアトレードコーヒーなど、グラノーラ以外にもお店のこだわりがいっぱい溢れています。早速、アサイーボウルとベリー&ベリースムージー グラノーラトッピングとフェアトレードコーヒーを注文しました~!
まずはフェアトレードコーヒー。添えてあるお砂糖はブラウンシュガーで、グラノーラを焼く時にも使われている、優しいお砂糖なんだそうです。ミルクは豆乳!コーヒー一杯にも、お店のこだわりがすごい!そして、最近よく耳にする「フェアトレード」と言うワード。みなさんご存知でしょうか?

コーヒーや紅茶、バナナやチョコレート。日常を彩るたくさんの食べ物が世界の国々から私たちの手に届けられています。それらを生産している国、人々のことを考えてみたことはありますか?

日本では途上国で生産された日用品や食料品が、驚くほど安い価格で販売されていることがあります。一方生産国ではその安さを生み出すため、正当な対価が生産者に支払われなかったり、生産性を上げるために必要以上の農薬が使用され環境が破壊されたり、生産する人の健康に害を及ぼしたりといった事態が起こっています。生産者が美味しくて品質の良いものを作り続けていくためには、生産者の労働環境や生活水準が保証され、また自然環境にもやさしい配慮がなされる持続可能な取引のサイクルを作っていくことが重要です。フェアトレードとは直訳すると「公平・公正な貿易」。つまり、開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、立場の弱い開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す「貿易のしくみ」をいいます。

フェアトレードジャパンの公式サイトから
フェアトレードコーヒーを飲むことで、自分も生産者の方も、嬉しい結果に繋がるんだな~と、生産者さんに思いを馳せながらゴクゴク。このコーヒー美味しいんです!
そして…スムージーとアサイーボウル!

見た目も美しい!つやつやしたフルーツや、ナッツがゴロゴロ入っていますね~♪  美味しそ~う! では、アップもどうぞ!
スムージーやアサイーボウルって、〈甘い食べ物〉と言う認識があったのですが、グラファミさんのは全然甘くない!フルーツの甘味だけなんでしょうか…あっさりしていて、後味もさっぱりです。グラノーラの甘さが引き立って、とっても美味しかったです!後、感動したのがバナナです。バナナってこんなに美味しかった?と、思わず言ってしまう、ふわ~っと、とろけるバナナでした。グラノーラは、とにかくサクサク食感で、香ばしく、ほんのり甘く、美味しい!!ナッツと合う~♪ 白砂糖や添加物、香料など使っていない、オーガニックグラノーラ!あっという間に完食しました~。
お店の一角には、色々なフレーバーのグラノーラがずらり!ギフトボックスなどもあり、お土産や、プレゼントにも良いですよね~♪ 店員さんはとても親切で、グラノーラの試食や、原料などの説明もしてくださいました。グラノーラは毎日、お店で焼いているそうですよ! そして、お店の名前、グランダファミリオは、エスペラント語で〈大家族〉だそうで…フェアトレードを取り入れたり、安心安全な食品を提供したり、お店の名前とコンセプトが、なるほど~!!!となりました。みなさんもぜひ、グランダファミリオさんに行ってみてくださいね~♪
グランダファミリオHPはこちら グランダファミリオJOTOフェイスブックはこちら
大阪市城東区関目5丁目15番34号大村ビル1F 営業時間は10:00~19:00 定休日は日曜です。 

 

グランダファミリオJOTOさんはこちら↓↓

 

 

(はっぴい)

ジモネタ鶴見・城東

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

ページの上へ