【鶴見区】ひな人形が安くでレンタルできる?!寄付型レンタルひな人形プロジェクト!!

LINEで送る

 IMG_4320

朝日新聞より画像引用)

 

 朝日新聞より

 押し入れの中で眠っているひな人形、ありませんか――。ひな人形を安く借りたい子育て家庭と、押し入れでひな人形を眠らせている家庭をつなげる取り組みが始まる。発案者の男性は「経済状況が厳しい家庭でも、ひな人形を飾った思い出を作ってほしい」と協力を呼びかけている。

 大阪市鶴見区の地元情報紙編集長、吉村大作さん(37)が発案した。使わなくなったひな人形を有効活用したいと考える人と、飾りたくても高価で買えないという人が自分の周りにいることに気づき、双方を募集し、紹介する企画を思い立ったという。

 名称は「寄付型レンタルひな人形プロジェクト」。借り主はレンタル料金として1週間2千円、2週間3200円、3週間4千円を実行委員会に支払う。発送と返送の送料は借り主が負担する。実行委は貸主に最大1千円の報酬を支払う。
 
    
 3月3日はひな祭りと同時に、世界各地の作家らでつくる団体「国際ペン」(本部・ロンドン)が定める「平和の日」でもある。それにちなみ、貸主への報酬と1件500円の事務手数料を除いた差額を、紛争が続くコンゴ民主共和国を支援する市民団体「AFRIKA meets KANSAI」(兵庫県芦屋市)に寄付する。
 
 コンゴ出身で母国の支援にも取り組む神戸情報大学院大学のルクムエナ・センダ准教授(都市計画)(62)に相談し、寄付先の団体の紹介を受けた。現地の子どもたちの学習環境を整えるのに使ってもらうという。
 
     
 日本人形協会によると、ひな人形の平均購入価格は13万5千円ほど。買った後に子どもが成人し、思い出があるため売ることもできず、もてあましている家庭も多いと協会はみる。

 

 

女の子のお子さんがいる家庭では、ひな人形を準備されるところが多いですよね♪

ですが、店頭に並ぶひな人形って本当に高いです(;_;)

 

おじいちゃん、おばあちゃんが買ってくれたりでお家にある方も多いのではないでしょうか?

 

若い世帯の核家族だと、なかなか簡単に買えるものではないです(>_<)

 

このレンタルシステムに魅力を感じました!

借りる方はもちろん、貸す方もずっと押入れに入れたままにするくらいならレンタルして収入があると嬉しいですよね!

そして、レンタルで発生したお金の一部が寄付に回されるのも素敵です。

ご興味のある方は是非ご利用ください!

 

申し込み締め切りは2月25日まで!

 

現在、賛同してくれる貸主と借り主を募集している詳細はホームページでご確認ください

ペライチ

 

問い合わせ先

吉村さん  Tel090-9986-9238

 

 

 

★情報提供ありがとうございました!

 

 

 

 

【注目!】鶴見・城東のクーポンてんこもり
「ゴーガイチケット」はこちらから

 

 

 

 

 

(ちゃんママ)

 

LINEで送る

ページの上へ